IKIMEN Barber Project [粋男] タカラベルモント株式会社 ビジネスモデルご提案

IKIMEN
IKIMEN

HOME > サロンづくりに関する情報 > IKIMEN Barber Project [粋男] > 卒業生のサロン事例 > CASE/09 GENTLE様

サロン事例 / 09

オトナメンズが通う“かっこいいバーバー”
GENTLE

IKIMEN BENEFIT DATA

粋MEN塾で経営数値改善

客単価
7,000円
客単価伸長率
113%
(対改装前)
リピート率
90%
新規客比率
10%

粋MEN塾第一期生。自店のコンセプト&ターゲットを鮮明にするため入塾。コアターゲットであるビジネスマンが通いやすい営業形態に舵を切り、毎月安定した新規集客数と高い固定化率、売上アップを実現されています。

Salon Data

  • ■代表:額田 進也様
  • ■所在地:東京都江戸川区
  • ■改装オープン:2017年9月
  • ■セット面:5(すべて個室)
  • ■スタッフ:4名

■主な設備機器:YUME SWINGブラームルアール

■営業時間:平日/12:00~22:00・土日祝/10:00~20:00

■定休日:月曜日

■サロンHP:https://barber-gentle.com/

入塾のキッカケと塾修了後に実践されたことは?

独立開業してまだ日も浅く経営面で不安を抱えていた頃に、少人数制の粋MEN塾があることを知り、不安を解消したくて入塾しました。
サロンづくりの基礎となるコンセプトの考え方やターゲットの絞り方、店販の講習は非常に参考になりました。サロンコンセプトは入塾の一年前から練っていましたが、コンセプトをわかり易くお客様に伝える表現方法を塾で知り、考えをより深めることができました。
店販講習では頭髪のスペシャリストとしてお客様の頭髪を守る責任感が生まれ、商品知識をもっと深めていく必要性を感じて、実際に商品を取り寄せて成分を調べ、売ることよりもお客様にしっかりと商品を 説明することを心掛けるようになりました。

店頭にサロンコンセプトを掲示

毎月安定して新規集客されていますが集客の方法は?

まずは自店のホームページを充実させていこうと考え、SEO対策も考えながらリニューアルしました。新規のお客様の集客効果は大きいと感じています。昨年店舗を改装し、ホームページの空間写真も更新。空間写真も集客に効果があると感じています。ホームページをご覧になった奥様や彼女に勧められて来店されるケースも少なくありません。
また、最近SALONPOS LinQの予約システムを導入し、集客に役立っています。お客様もすんなりと受け入れていただきお陰さまで月平均40名ほど新規のお客様にご来店いただいています。

高リピート率の要因は?

要因は複数あると思います。“顔そりが気持ちいい”、“個室が安らげる”、“メンズ専門なので女性の目を気にせず落ち着ける”、“夜遅くまで営業しているので仕事帰りに立ち寄れる”などとお客様は仰います。こうした特徴が差別化に繋がり高リピート率の要因になっていると思います。サロンも地域で一番じゃないとお客様の印象には残らない、来店してもらえないと考えています。さらに、自分やスタッフがサロンワークを楽しむことでサロン内に良い雰囲気が生まれ、結果的に再来店につながっていると思います。

メニューの構成と特徴は?

当店のお客様の年齢層は20代後半から40代前半で、メインターゲットである30代のお客様には、シェービングメニューを強く推しています。自分自身がシェービングが好きなので、商売よりも気持ち良さを体験して欲しいから積極的にお声掛けをしています。
メニュー構成は、ヘッドスパ系(5,500円~9,000円 3種類)とスキンケア系(6,500円~12,000円 3種類)、両方ケアできるダブルケア系(7,000円~16,000円 3種類)の3系統に分かれ、それぞれ松竹梅の価格を設定。まずは一番シンプルなコースをお勧めし、お客様に興味を持っていただければ、さらに上位のメニューを勧めるようにしています。ヘッドスパ系とスキンケア系のオーダー比率は半々位です。
スキンケア系最上位メニュー「ジェントルマンコース(120分)」も決して多くはないですが、ゆっくり寛ぎたい!という理由で注文してくださいます。床屋未経験の若い男性客も、バーバー椅子に座ったままサービスを受けられる快適な時間を価値として感じてもらえています。ゆっくりと寛げる時間もジェントルの価値だと考えていますので、施術時間10分=1,000円をメニュー価格に反映させています。現在、客単価は7,000円の大台に達しました。

空間づくりのこだわりは?

店名のジェントルの由来が「gentle=穏やか、落ち着いた様」から、寛げる空間を目指しました。そのためにはケアメニューは必須で、それをかなえるYUME SWINGの導入を中心に空間レイアウトを構想しました。YUME SWINGとバーバーチェアを組み合わせれば、お客様はほぼフルフラット姿勢が可能となり、長時間の施術でも疲れません。なおかつ、ヘッドスパをはじめ色々なケアメニューを体験いただけるので、YUME SWINGを導入するだけでサロンの差別化につながると考えました。
予約優先の営業形態にしたかったので、多少待合の面積を削ってでも個室数の確保を優先。店内には5つの個室を設け、各個室に1台YUME SWINGを設置。この個室化が客単価にも影響しています。
その他、清潔感を訴えるためにお客様の着座位置から見える所に消毒器を置いたり、ヘアスタイルと服を同時にチェックしてもらえるような大きな姿見ミラーを設置しました。個室に奥行き感が生まれ部屋を広く見せる効果もあります。

GENTLEのメニュー構成

16坪店内に5つの個室

消毒器

  • pagetop