タカラベルモント TB-SQUARE osaka 大阪まちなみ賞 建築サイン・アート賞受賞  タカラベルモント プレスリリース

HOME > 各種情報 > プレスリリース > タカラベルモント TB-SQUARE osaka 大阪まちなみ賞 建築サイン・アート賞受賞

2019年1月30日
ファサードデザインが評価される
タカラベルモント TB-SQUARE osaka
大阪まちなみ賞 建築サイン・アート賞受賞

-2019年1月15日 表彰式-

大阪府・大阪市・(公社)大阪府建築士会・(一社)大阪府建築士事務所協会・(公社)日本建築家協会近畿支部・(一社)日本建築協会が主催する「大阪都市景観建築賞(愛称:大阪まちなみ賞)」の第38回目において、理容室・美容室、エステ・ネイルサロンおよび歯科・医療クリニックの業務用設備機器や化粧品・空間デザイン等を手掛けるタカラベルモント(株)(本社:大阪・東京/吉川秀隆会長兼社長)が2016年にオープンした、TB-SQUARE osaka(設計施工/株式会社竹中工務店)が「建築サイン・アート賞」に選出されました。
表彰式は1月15日14時より大阪府庁本館 正庁の間において執り行われ、タカラベルモント 山口常務執行役員が賞状を授与されました。

選考について
TB-SQUARE osakaは、コーポレイトカラーである青と白を使用した清々しさと、青い枠や白い壁面などがずれながら繋がる彫刻的な造形で、「美と健康をキーワードとする企業のショールームにふさわしいアイコニックな建築」と評されました。
歩道と緩やかに繋がるエントランスなど、周囲とのインタラクティブなつながりを感じさせ、このエリアのランドマークとして期待されています。

大阪都市景観建築賞(愛称:大阪まちなみ賞)について
美しく個性と風格のあるまちの景観づくりを進めていくために、周辺環境の向上に資し、かつ景観上優れた「建物」や「建物を中心としたまちなみ」を広く一般から推薦してもらい、その中で特に優れたものを表彰するもので、昭和56年から実施されています。本年の審査対象は55件(建物51件、まちなみ4件)。例年通り審査資料にもとづいた1次審査で12件が選出され、現地審査による2次審査が行われました。その中から大阪府知事賞、大阪市長賞、審査員特別賞、緑化賞、建築サイン・アート賞及び奨励賞が選出されたものです。
なお、その他の受賞作品は以下の通り。いずれも大阪のランドマークとして府民に親しまれている建物です。

・大阪府知事賞豊中市立文化芸術センター
・大阪市長賞中之島フェスティバルタワー・ウエスト
・審査員特別賞近畿大学 ACADEMIC THEATER(1~5 号館)/国際学部棟(18 号館)
・緑化賞イズミ緑橋ビル
・奨励賞宇部興産(株)大阪研究開発センター・関西電力病院・
大阪商業大学 ユニバーシティ・コモンズ リアクト・天満・菅原町の蔵
吹田グリーンプレイス

※本件についてのお問い合わせは、タカラベルモント株式会社 広報室 TEL:06-7636-0856まで
   TB-SQUARE osaka:https://www.tb-net.jp/tb-square/osaka/