資金計画 タカラベルモント サロンづくりサポート

HOME > 資金計画

サロンづくりサポート 資金計画
開業や改装、支店出店には資金が必要です。
どのくらいの資金が必要で、それをどう調達するのかについて
検討しなければなりません。
必要な資金と、その調達方法を調べておきましょう。
まずは…必要資金の見積もり
必要な資金は「事業計画書」を作成する事であきらかになってきます。
「事業計画書」は、最初はざっくりと作成し、
実際の計画が進むにしたがって綿密なものにつくりかえていきます。
タカラベルモントでは、無料で事業計画書づくりをお手伝いします。
事業計画書についてのご相談はこちらから

「新規独立開業セミナー(実践コース)(有料)」でも、
事業計画書の書き方を詳しく解説します。

必要資金の調達方法
1. 自己資金

自己資金は豊富にあるに越したことはありません。
自己資金額は、借り入れできる額にも影響します。
サロンの開業、改装、移転などをを決めたら、
その日から資金確保を始めましょう。

自己資金を貯めるには、「ユメイク」がおススメです。
「ユメイク」なら、年6%ものサービス額がつくので、
より早く確実に自己資金が用意できます。

できるだけ早く始める事がポイント!
2. 借り入れ

A.個人からの借り入れ

家族や友人、知人からの借り入れは「借金である」という証明書類がなければ「贈与税」がかかりますので、注意しましょう。

B.公的機関からの借り入れ

国民政策金融公庫などの公的機関では、開業時など一般の銀行では借り入れが難しい条件でも、低い金利で借り入れが可能です。
自治体独自の開業支援制度がある場合もあります。

C.一般の金融機関からの借り入れ

家族や友人、公的機関からの借り入れだけでは足りない場合、一般の金融機関からの借り入れを行います。
金利は、公的機関よりも高くなるのが一般的です。

できるだけ低い金利で借り入れをするには、事業計画書をきちんと作成することが重要。タカラベルモントでは、無料で、各機関へ提出する事業計画書づくりもお手伝いします。

事業計画書についてのご相談はこちらから

「新規独立開業セミナー(実践コース)(有料)」でも、事業計画書の書き方を詳しく解説します。

自己資金がしっかりある事と事業計画書がポイント!
3. リースの活用

シャンプー台や椅子などの設備機器は、「リース」を活用する事で、一度に多額の資金を使わずに導入できます。
リース会社が設備機器を購入して、その設備機器が賃貸される仕組みで、契約期間中リース料金を支払うことになります。

タカラベルモントでは、設備機器のリース販売も行っています。

開業後の資金繰りまで考えておくのがポイント!