「理容椅子 マーヴェル」「シャンプーユニット レヴォール」が2015年度 グッドデザイン賞を受賞  タカラベルモント プレスリリース

HOME > 各種情報 > プレスリリース > 「理容椅子 マーヴェル」「シャンプーユニット レヴォール」が2015年度 グッドデザイン賞を受賞

2015年9月30日
「理容椅子 マーヴェル」「シャンプーユニット レヴォール」が
2015年度 グッドデザイン賞を受賞

タカラベルモント株式会社(代表取締役会長兼社長:吉川秀隆/本社:大阪市中央区)の理容椅子 マーヴェル」「シャンプーユニット レヴォールが、この度、2015年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
グッドデザイン賞は1957年にスタートした、世界でも有数の歴史と実施規模を誇るデザイン賞です。私たちのくらしを、産業を、そして社会全体を、より豊かなものへと導くことを目的とした公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。


昨今、理容室の形態は多様化し、お客様として男性だけでなく女性、子供、高齢者まで取り込んだファミリーサロンも増加傾向にあります。それに伴い、これまで以上に多様なお客様への対応が求められます。
今回受賞した、理容椅子 マーヴェル、及びシャンプーユニット レヴォールは、「すべてのお客様に最上のホスピタリティを提供すること」をコンセプトに、"お客様が年を重ねられても生涯顧客として対応でき、お客様と共に成長していける新たな理美容サロン"のための機器として開発されました。

従来、フロントシャンプースタイルが常であった理容サロン向けのシャンプーユニットですが、レヴォールはこれに加え、子供から高齢の方まで幅広く対応できるリアシャンプーにも対応しました。リアシャンプーに対応するためには、お客様の座高に、背もたれの長さやボウルのネック部分の高さを合わせる必要があり、さらにボウルの後ろ側に施術者が立つスペースが必要になります。
マーヴェルの背もたれ伸縮機能により、お客様の座高に合わせて背もたれが伸縮し、さらに「レヴォール」のスイング機能により最適な高さにスイングし、かつ後ろ方向にスペースが生まれることで、さまざまなお客様にリアシャンプーへの対応が可能となりました。

審査員からは「電動操作により、カット、シェービング、フロントシャンプー、リアシャンプーなど多様な施術に対応する姿勢を提供できること」「伸縮する背もたれ機構と位置調整可能なシャンプーユニットとのセットで、体格の異なるお客様へ対応し、高齢者にとってもやさしい理美容機器となっていること」が高く評価されました。

当社では今回の受賞を契機に、よりいっそう、業界の発展に役立つ、デザイン性の高い製品開発に務めてまいります。

※この製品についてのお問い合わせは、タカラベルモント株式会社 お客様センター フリーダイヤル:0120-596348まで
   これまでのグッドデザイン賞受賞製品:http://www.tb-net.jp/gooddesign/