経済産業省および特許庁主催の知財功労賞を受賞 タカラベルモント プレスリリース

HOME > 各種情報 > プレスリリース > 経済産業省および特許庁主催の知財功労賞を受賞

2012年5月22日
経済産業省および特許庁主催の知財功労賞を受賞

タカラベルモント(株)(本社:大阪・東京/吉川秀隆会長兼社長)は、経済産業省および特許庁が主催する平成24年度の「知財功労賞」の産業財産権活用企業等表彰の意匠活用企業として、経済産業大臣表彰を受賞しました。
表彰式は、4月18日に東海大学校友会館(東京都千代田区)・阿蘇の間にて開催され、同社は表彰状と盾を授与されました。


受賞のポイント

一歩先を行くデザイン開発とともに、海外を含めた模倣品の排除に意匠制度を積極的に活用。国内においては、多数の模倣品を排除した実績がある。
全体意匠及び部分意匠を出願。また過去の経験則から他社の模倣態様を想定し、類似の範囲を十分考慮したバリエーションに富んだ関連意匠を出願。
2年に1回、同社独自の新たなデザイン・機能等を業界向けに提案する展示会を開催。業界のトップメーカーのひとつとして、業界全体のデザインや技術の発展に貢献。
特許庁のホームページでは、同社の保有権利に基づく製品例として、
シャンプーベッド「YUME」や歯科用ユニットが紹介されています。
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/hiroba/h24_tizai_kourou.htm


知財功労賞とは

産業財産権制度の普及促進及び発展に貢献のあった個人に対しての「産業財産権制度関係功労者表彰」、また産業財産権制度を有効に活用し、その発展に貢献のあった企業等に対しての「産業財産権制度活用優良企業等表彰」のそれぞれに経済産業大臣表彰及び特許庁長官表彰(『知財功労賞』と総称)が行われています。
今回は、産業財産権制度の普及・啓発への功績及び有効活用について、経済産業大臣表彰として個人3名と企業4社、特許庁長官表彰として個人4名と企業等8社が表彰されました。


※この件についてのお問い合わせは、タカラベルモント株式会社 理美容広報:06-6212-3616まで