TWBC(タカラ・ワールド・ビジネス・コングレス)2006開催 タカラベルモント プレスリリース

HOME > 各種情報 > プレスリリース > TWBC(タカラ・ワールド・ビジネス・コングレス)2006開催

2006年10月31日
TWBC(タカラ・ワールド・ビジネス・コングレス)2006開催

タカラベルモント株式会社(本社:大阪/東京 吉川秀隆社長)が、理美容・エステティック・ネイルの市場に対する情報発信の場として隔年で開催しているイベント、TWBC(TAKARA 
WORLD BUSINESS CONGRESS)。
その4回目となるTWBC2006を、10月9日、10日の2日間、東京・有明の東京国際展示場(ビッグサイト)会議棟(1F/6F/7F)において開催しました。
今年創業85周年を迎え、同時に米国進出50年、化粧品の自社ブランドであるルベルコスメティックス発売30周年と、まさに節目の年を迎える同社は、このイベントを今回初めて、理美容事業部・化粧品事業部・国際事業部の合同で開催しました。
「サロンビジネスは進化し続けなければならない」との考えから、テーマは「進化美」。このテーマを力強く表した矢印をキービジュアルとして、「進化美を見る(グランドプレゼンテーション)」「進化美を学ぶ(サロンソリューション)」「進化美を体験する(Beauty City)という3つのテーマでの構成になっていました。

9日朝9時20分に、吉川秀隆代表取締役会長兼社長からの挨拶の後、吉川社長を中央に、千代岡和文取締役副社長、吉川邦英専務取締役の3人によるテープカットでイベントが開幕。
グランドプレゼンテーションでは、(学)山野学苑 理事長 山野 正義氏や建築家の安藤忠雄氏の記念講演の他、井上陽平氏のプレゼンテーションとヘアショー、TAYA大川雅之氏やStudio Vの川原文洋氏、宮村浩気氏、小松利幸氏らによるショーや、パーマ・カラーのテクニカルライブ等人気サロンのスタイリストが次々とステージに立ちました。
またサロンソリューション&クラスルームでは、本田誠一氏、正宗卓氏、八木岡聡氏など業界を代表するデザイナーから、ギリシャの著名なヘアドレッサーIlias Zarbalis氏やLouis Licari SalonのトップカラリストSteven Beeson氏、さらには(株)アルテ サロン ホールディングス 代表取締役社長吉原 直樹氏、(有)バグジー 代表取締役 久保 華図八氏、(株)ザ・トップ 代表取締役甲斐 尊美氏等国内外の多彩な講師陣が、デザイン・テクニック・経営と多方面から情報を発信しました。
さらにビューティシティでは、タカラベルモントの自社ブランドおよび提携海外ブランドが一同に会した「ブランドストリート」や、ショーやエキシビジョン、さらに「materia」の新しいフォイルワーク専用ライン等でのカラーテクニックの紹介や、シャンプーベッド「YUME」やエンダモロジーにかかせない機能を搭載した「E6」他最新の機器を使った新メニューの提案を行ったブースを設けました。
特に注目を集めていたのは、“第3のパーマ”「air wave」。「エア」の力で温度と湿度をコントロールし毛髪にガラス転移を起こさせる事でウェーブを得られる全く新しいパーマ機器です。

2日間の入場者数は、10177名(うち海外 672名)、また9日夜に行われた「創業85周年 感謝の集い」の出席者は359名、10日夜に行われた「タカラナイト」出席者は1234名と、単独企業が開催するイベントとしては、業界でも最大級の動員が得られ、好評のうちに幕を閉じました。