IKIMEN Barber Project [粋男]サロン事例 ヘアーサロン大丸様 タカラベルモント株式会社 ビジネスモデルご提案

HOME > サロンづくりに関する情報 > ビジネスモデルご提案 > IKIMEN Barber Project [粋男] > IKIMENサロン事例 > ヘアーサロン大丸様









【Salon Data】
ヘアーサロン大丸
■代表:小森 貴彦様■所在地:福岡県福岡市■改装オープン:2015年10月
■セット面:7面・個室:2室■スタッフ:9名
■主な設備機器:ディヴァーンルアールレジェンドYUME SWING/スイングボウル
■営業時間:平日/9:30~19:30・土日祝/8:30~19:00(ナイター営業 平日限定 完全予約制 20:00~22:00)
        休日:毎週月曜日、第3週火曜日
■サロンHP:http://www.hairsalon-daimaru.info/
■主なメニュー
○¥12,000 [100分]
カット、シャンプー、お眠りマッサージ、極上スパ
○¥7,300 [75分]
カット、シャンプー、お眠りマッサージ、男のヘッドスパ
○¥6,000 [65分]
カット、シャンプー、お眠りマッサージ、Drスカルプ
○¥5,000 [60分]
カット、シャンプー、お眠りマッサージ、クレンジングスパ
○¥4,000 [60分]
カット、シャンプー、お眠りマッサージ

2015年に店舗を大幅に改装しましたが、丁度その頃、スタッフ4名が立て続けに店を卒業したことも影響し、思ったほど改装効果が表れていませんでした。そんな折、粋MEN塾の話を頂き入塾を決意。粋MEN塾で学んだ内容を自分のものにし、更にスタッフと想いを共有するため、粋MEN塾受講後は必ず、妻に講義内容を伝え、翌日は資料を片手にスタッフに熱く語ることを繰り返しました。塾で使用したメモ書きは、今でも参考にしています。

粋MEN塾で作成した「売上上位顧客リスト」はとても参考になりました。上位2〜3割のお客様が売上の大半を占めることを知り、上位顧客100人を2:6:2の割合で選別。顧客個々の売上を目の当たりにすると、上位客の売上を増やしていかなければならないことに気付かされました。上位のお客様の顔はわかっていたつもりでしたが、実際のデータは異なり「売上上位顧客リスト」の重要性を痛感しました。
さらに、お客様が減っている状況を改善するためにすべての顧客カルテをスタッフ全員で入念に見直し、失客の原因を考え分析していくことに努めました。次に、メニュー毎の売上金額など売上の構成項目をスタッフ全員で細かく確認し目標を立てる指標にしました。販売数値の見方を教わり全員で共有できたことで、どうすれば目標を超えられるかという問題意識が個々に芽生えたことが、売上アップに繋がったと思います。
新規集客のために新聞折込やポスティングを行いました。ターゲットや配布地域を絞り一定周期で一年間新聞折込を継続。店舗周辺の会社にもスタッフを連れて挨拶回りを実施。また、ホームページにネット予約システムも導入しました。今では多い月で新規のお客様が80〜90名いらっしゃいます。スタッフ全員で苦労して新規集客をしてきたので、スタッフの意識も変わり、“お客様をさせていただいている”という感謝の気持ちが培われ、今では新規のお客様すべてをスタッフに任せられるようになりました。比較的経験の浅いスタッフも接客機会が増えることでスキルが向上し、それに伴いお客様が定着、同時にスタッフの生産性も上がる好循環に結びついていると感じています。

ひとまず新規集客の目処がたった今、新規客の固定化が大きな課題です。既存のお客様をシルバー、ゴールド、ブラックの3段階にクラス分けし、上のクラスへのアップグレードを図っています。1,000円のサービス回数券(1回200円×5回)を設け、購入いただくとシルバーからゴールド会員にランクアップする仕組みを導入。固定化に繋がっています。今年まだ来店されてないお客様のカルテを仕切りを設けて見える化しているのですが、来店されていないお客様のカルテが減っていくと喜びを感じます。
客単価アップについては、時間あたりの売上を意識することを学びました。従来のカットメニューに付いていたシェービングを別にして、ケアとリラクゼーションを加えたメニューを追加。メニューの時間・価格・内容を充実させ、忙しいビジネスマンが短時間で受けられるようバリエーションを増やしました。結果的に他店との差別化にも繋がっています。SALONPOS LinQのABC分析や塾で教わった松竹梅メニューを参考に、メニューの改廃も同時に行っています。今では客単価は5,794円(12月)。前年度と比較し130%にアップ(前年4,449円)しました。
空間作りについては、ヘッドスパメニューを充実させるための工夫を施しました。男性客、女性客、メニュー、動線と空間を機能別にゾーニング。特に女性客に配慮し専用の入口を設けました。この入口から入れば誰とも顔を合わせることなく女性専用の個室に入っていけます。その他、調光可能なダウンライトを採用。個室も含めすべてのセット面がパーテーションで仕切られ寛いでいただける空間にしました。



現在、女性のお客様は少ないですが客単価は高く、これからもっと伸びる可能性があると思っています。女性スタッフを増やしシェービングやフェイシャルメニューを充実させていきたいと考えています。また、労務面もより充実させていきたいです。社会保険もほぼ完備し、シフト制を導入し従業員の週休2日制の実現、さらにナイター営業も徐々に縮小し残業時間を減らすように進めています。スタッフの意見を取り入れこれからも従業員がより働きやすい環境にしていきたいと考えています。
IKIMENサロン事例 TOP