夫婦2人で100万越えは可能か? 1人あたりの生産性50万/月は決して難しくない | 安村彰浩氏コラム バーバー再生プロジェクト | IKIMEN Barber Project [粋男] タカラベルモント株式会社

IKIMEN

HOME > サロンづくりに関する情報 > IKIMEN Barber Project [粋男] > 安村彰浩氏コラム バーバー再生プロジェクト > 夫婦2人で100万越えは可能か? 1人あたりの生産性50万/月は決して難しくない

バーバー再生プロジェクト

8) 夫婦2人で100万越えは可能か?
 1人あたりの生産性50万/月は決して難しくない


SPA&CARE YASUMURA /安村 彰浩 氏

夫婦2人サロンに限らずサロン運営のために目標売り上げは必要です。
コンサルティングで最初に確認する事は“いくら売り上げたいか?”です。
でも多くのサロンは漠然とした数字しか持っておらず「上がれば上がるだけでいい」とか「だいたい○円くらい」と言う答えが多いです。

地域や商圏により多少の差はあると思いますが目安としてスタイリスト、アシスタント関係なく、最低50万円は必要と考えます。

なので夫婦2人サロンであれば100万、アシスタントがいるサロンでは150万。
今後、労働時間の短縮、有給休暇、社会保険等を考えると1人50万でも足りません。
しっかり目標値を設定し行動していかなくてはなりません。

夫婦サロンの場合2人生活が共なので、利益に関しての考えが甘いサロンが多い様です。
奥さんを新たに雇用するスタッフとして考え、適正な給与を渡せるだけの売上を上げてもらう必要があります。
例として、2人サロンの現状売上が80万円のサロンが、100万円の売上にする為のプロセスを紹介します。

計算しやすい様に、平均単価5,000円、営業日数25日とします。
80万円サロンは1日6.4人で32,000円を売上げています。100万円にするには1日8人 40,000円必要です。

その差1.6人 8000円をどの様にして増やすかを考えます。

現状との差を明確にして、1日8,000円をどの様な方法で算出するかを考えて下さい。


新規に頼るのであれば新規集客の為の施策が必要ですし、既存客で考えるならば、スパやプラスメニューを考える必要があります。
1日8,000円なので、不可能な数字ではなくなりませんか?

漠然と目標100万と言われても“ピン”とこない数字が、がんばれば実現可能な数字に変化します。

新規出店でも、スタッフ増員でもオーナーが目標としていくらほしいかをまず考えて、そこから逆算して考える事が出来れば、今何をすべきか、見えてきますよ!

まず、3ヶ月先の目標を作れる様にして行きましょう!慣れてくれば半年、1年、3年と先の目標が立てる事が出来る様になります。
これまでのコラムを参考にして努力して頂ければ必ず儲かる理容業への階段を上がる事が出来ます。

コラム7の続きで、店販の話ですが、今のお客様は情報を沢山持っています。
だからサロンの商品はそう簡単には買って頂けません。
高価であるという事も理由の1つですが、最大の理由はその商品を使うことで、今使用しているものとどんな違いがあって どういいのかがわからないなので、今一歩踏み込めないのです。

現状のお手入れ法を聞き、何が不満で何が満足なのか?
その後サロンの商品を使用すると、どんなメリットがあるのかを伝えるのです。

私のサロンの手順でいくと
1) 現状の手入れで困っている事を聞き出す
2) 頭皮or毛髪の状態をみる
3) 問題解決の為のアドバイスをする
4) 必要であれば商品等、使用方法を含めて案内する
5) パンフレット等あればお渡しする

お客様にも色々タイプがありますが、あまり売ることに執着せずに適切な商品を長く使用してもらう為に、説明をしっかりする事が重要です。

結果は必ず後からついてきます。




安村 彰浩氏
『SPA&CARE YASUMURA』 オーナー

やすむら・あきひろ。『SPA&CARE YASUMURA』オーナー。'63年7月22日生まれ。大阪府出身。大阪中央理容美容専門学校卒業。経営コンサルタントとしても活躍中。

  • pagetop