空気で仕上げる第3のパーマ「エアウェーブ airwave」 TOPスタイリストからのおすすめコメント タカラベルモント サロンメニューご提案

HOME > エアウェーブ > TOPスタイリストからのおすすめコメント



apish 坂巻哲也氏 http://www.apish.co.jp/
再現性が高く、
パーマ=傷むではなくなった。

お客様に満足を与えることが「お客様に支持される美容師」には必要です。エアウェーブはきれいにウェーブが変化していく。かけた後でのホームスタイリング、1ヶ月先の質感、傷みの少なさ、そして2ヶ月先にもお客様の満足度を上げて行くことができる。 そのために必要なのはベースのカットデザイン。エアウェーブを長くきれいに持たせるカットで先のデザインのプロデュースをすることが、かける楽しみにつながります。

apishではエアウェーブを導入してパーマ比率が80%近くになりました。それだけお客様のヘアスタイルの引き出しが増えた可能性があります。つまり出来なかったことが出来るようになった。 再現性が高く、「パーマ=傷む」ではなくなったからです。 さらにエアウェーブは大きくしっかりした根元の立ち上がりにも有効です。これからの高齢化社会に向かって、エアウェーブ=若い方ではなく幅広い年齢層に対応できると思います。エアウェーブはこれからどんどん進化していくアイテムの一つにきっとなっていくと思います。
サロンではパーマに抵抗のある方には、エアウェーブの効能、つまりスタイリング・持ちなど、他のパーマと比べての良さをしっかり話しています。 どのように今後楽しめるのか説明した中で、どんなウェーブをどこにかけるのか、最終的にはどんな女性像になるのか、お客様が理解できるまでカウンセリングするようにしています。
<air wave collection DVDより>

★マチュア世代にもオススメ★
エアウェーブをもっと美しく、もっと楽しめるデザイン提案で、
大人のお客様の魅力をアップ!

大人のお客様へのスタイル提案では、デザイン全体のプラスとマイナスの表現がポイント。
どこにパーマをかけるのかではなく、どの部分をマイナスにするか、パーマをかけない部分からの発想が、デザインの可能性を大きく広げてくれると思います。 また、美しいツヤも大人の髪には欠かせない条件。細くてコシがなくなってしまった大人の髪にも、ツヤを損なわずに、しなやかなパーマが年間通して提案できます。 そのすべてを可能にしてくれるエアウェーブ、だからこそ大人世代に対しても安心しておすすめできるんです。
<マチュア世代もターゲット!エアウェーブの新提案リーフより>


afloat 宮村浩気氏 http://www.afloat.co.jp/
エアウェーブは幅広いウェーブデザインが提案できる。
エアウェーブの良さ、という点では、ロングのデザインはもちろんなんですが、少し年配の方も含めてショートのデザインの際に、幅広いウェーブデザインの提案ができることろが良いと実感しています。お客様への提案では、予約の時にパーマの種類を聞くので、その中で「エアウェーブ」という言葉をこちらが言いますので、知らない方も興味を持ってくださる。
そこでサロンに来て「エアウェーブって何?」と聞かれますので、 髪のダメージが少ないことなどを説明してあげると、やってみようかな、と思われるようです。 コールドパーマの時に皆さん研究されたように、エアウェーブも色々研究して、自分がやりたいデザインをエアウェーブに落とし込んでみれば、すべてはうまくできますので、そうして幅を広げていけば良いと思います。
<air wave collection DVDより>
★マチュア世代にもオススメ★
高級感を演出。“あなただけ”の気に入ったデザインをエアウェーブで実現する。

大人世代のお客様は、自分自身が納得するスタイルを手に入れたいという願望を強く持っていることが特徴です。 流行のスタイルよりも、自分の美しさを引き出すスタイルに価値を見出し、オーダーメイド感覚でキレイな髪を保ちたいと考えています。 そのため、お客様のニーズに応えることはもちろん、高級感や優雅さを演出したデザイン提案が必要です。 年齢より若く見えるマチュア世代の方々も、髪が傷み、細くきしみやすいといった悩みを抱えています。このようなお客様には、髪の手触りやツヤ感を損なわず、コシのない髪に根元からボリュームを出す提案が重要となりますので、エアウェーブが最適です。 ふんわりと柔らかな手触りで髪へのダメージが少なく、自然にボリュームコントロールできるスタイルは、マチュア世代の方に対しても、さらに提案の幅を広げてくれます。 回数を重ねるごとにエアウェーブの良さをお客様に体感していただけるよう、皆さんのサロンでも、エアウェーブをもっと深く研究してみてください。
<マチュア世代もターゲット!エアウェーブの新提案リーフより>


anti BOSS 小松利幸氏 http://www.anti-world.jp/

今までのパーマにはない手触り感、柔らかさ、

しなやかさがあり、きしみ、ダレがでにくい。

エアウェーブは、時代のベーシックになると思います。今までのパーマにはない手触り感、柔らかさ、しなやかさがあり、きしみ、ダレが出にくい。 これをエアウェーブがクリアしたことがポイント。今「理想のくせ毛」をデザインに乗せる事ができるのがエアウェーブの良さだと思います。
その女性から醸し出されるものから創り上げる女性像。どのようにカットし、パーマをかけ、仕上げたら女性像を表現できるか、どのように感じて巻いたらいいのか、どのタイミングでクリープし、どの処理剤をどのポイントで、と、 失敗→発見を繰り返してデザインに対してのデータと思いを積み、エアウェーブ自体を使いこなすことが大切だと思います。
<air wave collection DVDより>
★マチュア世代にもオススメ★
マチュア世代にこそ、“違い”を実感して頂ける、それがエアウェーブの魅力です。

マチュア世代はいろいろなパーマにチャレンジしてきた経験豊富な世代。 そんな世代に対して、わかりやすく“違い”を実感して頂ける新感覚のパーマ、それがエアウェーブです。
カーラーを巻いたり、アイロンを使用した時と同じ質感が出せる、それが一番のアピールポイント。
また、マチュア世代に欠かせないトップのボリュームに関しては「ホントにパーマをかけたの?」と思えるくらい、すごくナチュラルな動きを演出してくれます。 また、硬い髪質であってもやわらかい仕上がりに・・・。あらゆる髪質に柔軟に対応してくれるので、幅広い年齢層の方に、ストレスを感じさせることなく提案できます。
<マチュア世代もターゲット!エアウェーブの新提案リーフより>


anti DOKA氏 http://www.anti-world.jp/

エアウェーブは幅広いデザインに対応可能なパーマ。

エアウェーブは、ロッドの巻き方一つで幅広いデザインに対応可能なパーマだと思います。たとえば、コールドパーマなら、スライスを細くするなどの工夫が必要ですが、エアウェーブのロングロッドを使えば、根元・中間・毛先で巻き方を変えることなくでき、 くせ毛っぽさをうまく表現することができます。
レギュラーロッドとの組み合わせでスタイルバリエーションも広がります。またショートスタイルの人にもエアウェーブのロングロッド使用はお勧めで、ルーズ感から立体感まで、デザインイメージも豊富になると思います。
< エアウェーブロングロッドデザインリーフより >


imaii アートディレクター
有村 雅彦氏
http://www.imaii.com/imaii/salon/scaena.html
柔らかくてやさしいシルキータッチに仕上がり、
スタイルの持続性もあります。
エアウェーブと他のパーマとの一番の違いは、やはり手触り感です。 柔らかくてやさしいシルキータッチに仕上がり、スタイルの持続性もあります。
髪の細い人や柔らかい人でもボリュームを出すことができ、ウェーブの方向性がはっきり出ます。
若い人にももちろんお勧めですが、大人の女性にこそ最適。 ボリュームアップと手触りのよさが大人世代には不可欠ですし、ショートヘアの方にもお勧めです。 大きなロッドを使わなくても根元が立ち上がりますし、部分的に、または毛先だけウェーブをつけるという使い方も効果的です。お手入れも簡単ですから、忙しい大人の女性にもぜひ、楽しんで頂けるパーマだと思います。
< 大人の女性のためのエアウェーブデザインBOOKより >


RAIZ 木村文一氏 http://www.ts-raiz.com/index.html

サロンでは100%のリピート率です。

エアウェーブは(ベリーショートだけはロッドが対応できませんが、)ショートの方から超ロングの方まで、今出ているロッドで巻けるパーマなら全て対応できます。 デザインのためにウェーブを作るということに限らず、骨格をきれいに見せる、髪の手触りを変える、柔らかく感じさせることなどにもパーマが使えるということです。
ですからサロンにいらっしゃるお客様ほぼ全てに対応出来るパーマだと思いますね。年齢層も問わず、今まで難しかった根元に大きいカールでボリュームだけを出すのも、今まで傷んでいて硬くなった髪に柔らかさを出すサポートをするのも可能。 逆にリッジの利いたしっかりしたウェーブもできます。幅もすごく広がると思います。
形状記憶でありながら柔らかく仕上がり自然乾燥でテクスチャーや質感はそのまま出てくるので、トップのボリュームや後頭部のふくらみはドライヤーで作る必要がありますが、毛先もカールや束感は自然乾燥で大丈夫だと思っているんです。
今までは家を出るとき決まっていても外出先でがっかり、ということがあったと思いますが、エアウェーブでは家を出るときちゃんと乾いていなくても、外出先で良くなっている、という現象が起きる。 形状記憶されているので戻るのと、柔らかいので髪がぶつかったときにニュアンスが出てくるので、一日が過ぎる中でいい質感が出てくるんです。再現性はすごくありますね。
場合によっては倍ぐらいウェーブが持つと思いますが、お客様は同じサイクルで来られます。それはエアウェーブだとあの質感があまりに良いので、それを保ちたいため。普通のパーマでは根元から取れてきて最後毛先に残る感じですが、エアウェーブでは髪が伸びてきても、全体が大きいカールでまとまるように感じます。 ただウェイトの位置が変わるのでそこではカットが必要だとは思いますが。
サロンでは100%のリピート率です。ほんとに柔らかく何もしないで良い、と言われる。 絶対気を付けた方が良いのは、しっかりかかるので、1液のパワーとタイムが今までより弱めで短めで良いこと。あと中間水洗を必ずしっかりしないと、傷む原因になります。本来は1液は流すもの。原点に戻って中間水洗によって質感も違うし、良いことを改めて実感するのも良いですね。
<air wave collection DVDより>
★マチュア世代にもオススメ★
世代を問わないエアウェーブの対応力をアピールしよう!

エアウェーブは若いお客様向けと思っていませんか?まったくそんなことはありません。まずは、お客様のお悩みや希望を丁寧にカウンセリングし、 エアウェーブだからこそ叶えられるスタイルがあることをアピールしていきましょう。
蓄積したダメージで傷み、細くきしみやすい大人の髪。エアウェーブはそんな傷みやすい年齢を重ねた髪にも、しっかり柔らかいウェーブ形成をサポートします。 手入れが苦手な方でも簡単にスタイリングでき、悩みがちなボリュームコントロールも思いのまま。しかもゴワつきがちな髪にもツヤが出て、若く見えるという相乗効果もあるんです! 髪の手触りの良さにもつながるエアウェーブ、大人の女性にもっと提案してみてください。
<マチュア世代もターゲット!エアウェーブの新提案リーフより>