空気で仕上げる第3のパーマ「エアウェーブ airwave」 空気で仕上げるとは? タカラベルモント サロンメニューご提案

HOME > エアウェーブ > 空気で仕上げるとは?


  CMC※を固定(ガラス化)する際、キューティクルの歪みが少なくきれいに整うので、トリートメントしたような手触りに。また、ウェット時とドライ時のカールの差が小さいので、狙い通りのスタイルに導きます。
※CMC=cell membrane complex(細胞膜複合体)
※結果には個人差があります。
 
  フード内を55℃以下の温風で満たし、おだやかに髪に働きかけ、ふんわりとしながらしっかりとしたリッジを導くエアウェーブ。パーマがかかりにくい軟毛や、年齢を重ねた髪も根元からしっかり立ち上がり、ボリューム感がアップします。

  ナチュラルな状態でしっかりガラス化するエアウェーブは、いわゆる“パーマの持ち”が向上。外国人風のゆるいカールでも、いままでと比較し約1.5倍、およそ3ヶ月近く長持ちするという調査結果も出ています。
  軟化時間が短くてすむのは、air waveが髪の状態に合わせて温度と水分量をコントロールし、クリープとガラス化を効率よく促進するから。薬剤による髪のダメージを抑え、みずみずしく弾力のあるスタイルへと導きます。

  約55℃の温風をフード内に満たし、おだやかに働きかけるair waveなら、熱によるダメージも抑えることができます。髪にできるだけ負担をかけず、つくれるヘアデザイン。ナチュラルでしなやかな仕上がりを楽しめます。